アドセンスやアフィリエイトの記事提供サービス

アドセンス専用記事やアフィリエイトに利用できる専用の濃い内容の記事があれば、今からでも報酬に直結すると思いませんか?

スポンサード リンク

■お探しのキーワードを入力して下さい■

           

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

アドセンスやアフィリエイトの記事提供サービス

アドセンスやアフィリエイトで稼ぐためには、そのためのアプローチ(掲載記事)が大切ですね!

まずはアドセンスのための記事、アフィリエイトのための記事を用意しましょう!

稼ぐということは、誰かに何かを購入してもらうか、何らかのサービスを利用してもらうことになります。その誰かとは、訪問者です。つまり、検索エンジン等で探して訪問してくれる方々です。

訪問者とは、あなたの掲載記事を見てくれる人々です。そのためには、無料ブログやサイトなどを利用して、あなたのアピールしたい内容を記事として掲載することが必要です。

例)えば、ダイエットのサプリメントを紹介して報酬を得ようとすれば、そのダイエット商品がいかに他の商品より優れているか?効果が出易いか?継続しやすいか?価格や成分など、その商品のメリットを書いたり、使用した感想や結果などを書くことになります。

商品の特徴やダイエットに関する内容が詳しく掲載されれば、訪問者は必ず読みたくなるでしょう!そこにダイエットにマッチした広告があれば、クリックしてその先を見たくなります。これが探している人の心理です。


ブログやサイトの記事内容は、そういう意味においてはとても重要な条件になっています。ちなみに、楽天やビッダーズの売り出し商品サイトを見ると、今にも欲しくなる宣伝アピールがあちこちにちりばめられていて、訪問者の購買欲をそそる文章やキャッチフレーズばかり掲載されています。

キャッチフレーズや商品説明が上手なほど、購入者が激増します。

アドセンス記事やアフィリエイト記事もまったく同じです。

訪問者は、何かの検索用語でアクセスしてくるわけですから、記事の中にキーワードが含まれています。そのキーワードを何にするかでアクセス数が増えたり、広告がクリックされたりするわけです。


ここでご紹介していますのは、アドセンス専用・アフィリエイト専用の記事提供サービスです。プロのライターが書いたジャンル別のキーワードが含まれた専用記事です。

アドセンスは国際的な会社で各国に配信されています。その関係で世界でもっとも検索されるサイトは、やはり英語版の記事サイトです。日本国内で検索される率に比較して、その数倍の人口が世界には存在し、その言語は英語圏のサイトなのです。日本は世界の中で2%というかなり少ない言語です。

英語版のサイトで世界で検索されるアドセンス広告を楽しめますね!


もう一つは、同じくプロのライターが書いたジャンル毎の記事提供サービスです。これはすべて日本語の記事になります。

記事提供者が稼いでいる記事内容にほぼ類似しています。実際に稼いでいるライターからの記事ですので、検索されやすい濃いキーワードもふんだんに使われています。

1つの記事の文字数は、すべて1000文字です。1000文字数あれば、アドセンス申請もラクラク承認されます。こんな濃いジャンル別の記事が50個、100個、それも毎月送られてきます。

記事作成や記事内容で困ることは、今後一切考えられませんね。あとは、ブログに投稿したり、サイトに掲載するだけです。時間の無い方にも手軽に始められる記事提供サービスを利用するのも手っ取り早い方法です。

あとはそれらの記事を掲載する媒体(ブログやサイト)を用意するのみ!

もっとも手軽に始められるのは、無料のブログです。無料で借りることができますので、誰にでもすぐに開始できます。無料ブログは沢山ありますので、いくつでも借りれます。


去年あたりから、無料ブログの大手検索エンジンによる上位表示が難しくなって来ているようです。これはブログフィルターによるもので、ブログを使ってアクセスのみを集めるためのブログが増えてきた関係で、検索エンジンから除外されるケースが出てきています。

一旦、除外されてしまうと、検索による上位表示が難しくなります。それが稼いでいるブログの場合、目も当てられません^^;

ブログを活用しながら、できればサイト作成ツールなどで、事前に静的HTMLサイトを準備しておいた方が安心かも知れません。

これもご紹介していますが、記事があれば、あっという間に完成させることができるサイト作成ツールです。IIBMホームページビルダーやドリームウィーバーなどより簡単にサイトを完成させることができます。SEO最適化されていますので、検索上位表示にも力を発揮します。これも一度ご覧くださいね!

トップアフィリエイターの多くが着手し始めています。